針を使わない!!正確な円弧・曲線・円を簡単に描けるデザイン用コンパス「Rotio」

6いいね!

皆さんも算数や理科、図工の時間にコンパスを使ったことがあると思いますが、きちんと使いこなすことは出来ましたか?

針を紙にさしてくるっと回せば簡単に円を描く事ができるのですが、押さえつける力が強すぎると針の穴が大きく広がったり、紙がすべって円がズレたり、コンパスの足が急に閉じて半径が短くなったりなんて経験もあるのではないでしょうか?

現在は昔と違って鉛筆タイプやシャーペンタイプ、ノック式など種類が増えているのですが、基本的には針を使った伝統的な形状に変化はなさそうです。

今回ご紹介の「Rotio」は、針を使わずに円や扇形を描く事のできるデザイン用コンパス。

「Rotio」には中心に差す針はなく、中心の小さな穴に中心となる点を合わせます。

画像

穴は5mm半径間隔で配置され、スタンダードサイズの場合はΦ40mm〜Φ140mm。

画像

通常のコンパスの様に1mm単位でサイズを調整したり、48mmなんて円を描くことは出来ませんが、イラストやデザイン、漫画を書く時などに使えそうです。

使ってみました

缶ケースには、Rotio本体、ステッカー、メッセージカードが入っています。

画像

ハンドスピナーの様なベアリングが使われていますが、ハンドスピナーの様にくるくる回ることはありません。

画像

紙が当たる部分はラバー製でしっかりとグリップ。針を使わないのでページ上に傷やダメージを残さず作品を美しく仕上げられます。

画像

フリーで図形を描いて色をつけるだけでこの様な図形が簡単に描けます。

画像

本体の穴にペン先を差せば、鉛筆やマジックなど様々な太さのペンが使えます。

本体はアルマイト加工されたアルミ製で、何度も触りたくなる様なスムーズな手触りです。

イラストなど円を描く時にオススメなデザイン用コンパス「Rotio」

是非この機会にご検討ください。

Follow Us On Our SNS

6いいね!