LEDがフラッシュする驚きのLEDつけまつ毛「f.lashes」

8いいね!

今回ご紹介する”つけまつ毛”はおそらく世界初となるLEDが光るつけまつ毛です。今までも同様のジャンルのLEDが取り付けられた”つけまつ毛”は存在していたかもしれませんが、そうであっても「f.lashes」はおそらく世界初となるつけまつ毛です。

画像

何が世界初なのか。

LEDつけまつ毛「f.lashes」は片目、1つのつけまつ毛に対して12個の0402サイズ(1mm×0.5mm)のLEDが取り付けられているのですが、このLEDを個別に1つずつ点灯させる事ができるのです。

「f.lashes」は、点灯/消灯を一定間隔で繰り返すフラッシュパータンの他、流れるウインカーの様に一方向に流れている様に見える点灯パターン、蛍の光り方を再現したフェードイン・アウトを繰り返すパターン、左右にLEDの光が交互に行ったり来たりするナイトライダーパターンの5つの点灯パターンが現在のところ登録されており、メインコントローラーのスイッチ1つでパターンを変更できます。

画像

回路設計や基板設計、ハンダ付けすらもやった事がない方はLEDを個別に1つずつ点灯させる事がどれだけすごい技術なのか理解しにくいと思いますが、通常LEDを点灯させる為にはプラスとマイナスの線を接続しなければなりません。

12個もLEDがついていれば12×2=24本もの配線をコントローラーからLED基板へと配線しなければなりませんので、極細のポリウレタン銅線を使ったとしても24本も配線を束ねると太く重くなります。そうなると、まつ毛が重くなって瞬きすらできなくなってしまうので、できるだけ軽くしなければなりません。

マイナスがプラスの線どちらかを共通にしても13本の配線を束ねないといけませんし、SPIやI2Cに対応したLEDコントローラーをまつ毛に貼る基板側に搭載したとしても今度は細い1mm幅足らずの基板の上にパターンを設計するのもかなりの技術が必要です。

画像

基板を製造するにもそれなりの設備を持った工場出ないと製造できませんし、部品のマウンタもちょとずつLEDの角度を変えてマウントしなければなりませんのでそれなりの設備を持っている製造工場でしか製造できません。

普通の人がこう言うのがあったらいいなと思っても製造上の制約で必ず壁にぶち当たりますので、そう言う意味でこの「f.lashes」はアイデアとしてはありふれたものであってもその製造が素晴らしいのです。

画像

装着の仕方ですが、最初にコンントローラーをピンで髪の毛に止め、そしてLEDつけまつ毛基板の両面テープを剥がして瞼に貼り付けるだけ。日常的につけまつ毛を付けている方であればものの1分もあればまつ毛基板まで取り付けられるでしょう。

パーティー等に出かけていきなり点灯させて見せれば注目度1000%なのは間違いありません。

画像

なお、LEDは単色で白、赤、ピンク、黄、緑、青、水色の7色から選べる様になっており、バリエーションでコントロール基板1つにLEDつけまつ毛7色を全部セットにしたものも用意されています。

この商品はクラウドファンディング商品です
クラウドファンディング商品について詳しく知りたい場合はこちらをお読みください。募金の状況により、ご紹介している商品の価格、仕様、オプション、バリエーション等が変更になることがありますので予めご了承ください。

KURA BASEの記事本文を許諾を得た上で加筆修正して転載)

8いいね!