財布に入れて持ち運べる厚さ5mmの高出力USB電源「KADO」

16いいね!

厚さが5mmしかなく、クレジットカードよりも一回り大きい程度のサイズで重さ21gしかない事から、ポケット、財布、そしてバッグの片隅に入れて持ち歩いても全く邪魔にならない世界一最薄のUSB電源「KADO」をご紹介します。

画像

KADOはなぜ厚みが5mmなのか。おそらくプラグの差し込みの金属部分の幅が約6mmな為、憶測ですがあまり薄くすると内蔵しているプラグ部分が飛び出て何かに引っ掛けたり、その影響でプラグ部分が壊れる可能性があるからか、使用している部品の中で最大の厚みのあるコイルや電源ICの厚みに合わせたのか、実際のところはわかりませんが、とにかく本体の厚さは5mmで、プラグ部分が1mmほど出っ張りますが、それほど気になる出っ張りではないはずです。

KADOは折りたたみ式のコンセントプラグを内蔵しているだけではなく、充電用ケーブル(ケーブル長85cm)もついているので安心です。

充電用コネクタはLightning, microUSB, USB-Cの3タイプが用意されています。もしmicroUSBで充電するガジェットとLightning端子で充電するiPhoneやiPadを持ち歩く場合は変換端子(microUSB→Lightning)を別途持ち歩く必要がありますが、それでも1種類ケーブルが内蔵されているのは便利です。

※USB-CはUSB-C端子を採用したAndroid端末向けのもので、USB-C端子にモデルチェンジしたMacBook Proを充電する事はできませんのでご注意下さい。

画像

KADOは財布やポケット、バッグに入れて手軽に持ち運べると言いましたが、現金やカードはマネークリップに挟んでポケットに入れ手には何も持たずに出かける方の為に両面テープでスマートフォンやスマートフォンケースに貼り付けるホルダー”kado Phone Clip”がオプションで用意されています。

これをスマートフォンに貼り付けてKADOを差し込んでおけば100%持って出る事を忘れませんし、ホルダーにKADOを差し込んだままコンセントに差し込めば床に直置きして誰かに踏まれてしまう最悪の事態も回避できます。

画像

私はモバイルバッテリーを常に持っているから大丈夫と言う方でも、モバイルバッテリーの充電を忘れたり残量が少なかったりすれば、その日は節電に努めるしか方法はありません。

充電できるコンセントは必要ですが、USB充電器を持っていればそう言う事を気にする事なくいつもと同じ様にスマートフォンを使えますし、充電を忘れたモバイルバッテリーも充電できます。

出力は最大5V2.1AありますのでAndroidスマートフォンの他、iPhoneやiPadも余裕で充電する能力がありますので、万が一の時の為にお守り替わりとして持っていても損はないUSB電源です。

この商品はクラウドファンディング商品です
クラウドファンディング商品について詳しく知りたい場合はこちらをお読みください。募金の状況により、ご紹介している商品の価格、仕様、オプション、バリエーション等が変更になることがありますので予めご了承ください。

KURA BASEの記事本文を許諾を得た上で加筆修正して転載)

16いいね!