ワンアクションで解けて結べる靴紐「Xpand Quick Release System」

5いいね!

靴紐って解いたり結んだりするのが面倒で、いけないとは分かっていても踵を踏んだまま歩いたりしてしまいますよね。日本では屋内は靴を脱ぎますので、たくさん買物をした時に車と玄関を何度も往復して運ばないといけないなど、少しの距離だからと靴の踵を踏んだまま行ったり来たりした覚えがある人も多いでしょう。

ただ、靴の踵部分には補強と形状を保つ為にプラスチックや強化ダンボールが入っています。これを変形させると元には戻らず、型崩れする上に消耗が早くなります。今回は踵を踏む事なく足がスッと入り、脱げる事のない靴紐「Xpand Quick Release System」をご紹介致します。

本製品は数多くある結ぶ必要のない靴紐と何が違うのかと言いますと、紐にゴムを使っている事と、そして独自開発した「Xpand Quick Release System」と言うプラスチック製のゴム紐を固定する為の固定具です。

既に市販されている結ぶ必要のない靴紐はシリコン製であったり、紐と紐とを結合させる為に磁石を使っていたり、スナップを使ってパチンと止める様になっていたりするのですが、どれも紐は一定の長さに固定されてます。

ですから脱いだり履いたりと言うのはワンアクションでできて便利なのですが、長さを調整しようとすると従来通りでかなり面倒な作業になります。

画像

ところが本製品はゴム紐を使っていますのでちょっときつめに締めよう、今日は緩めにしておこうというのがゴムの引っ張り具合だけで調整できます。少しきつめにゴム紐を通しておく事で、紐をわざわざ解かなくても踵を踏まずに靴を履く事ができますので、もう靴の踵を踏んで靴を傷める事もなくなります。

画像

靴紐の調整は靴紐の端につけたプラスチックの部品を持って引っ張った状態でゴム紐を束ねているプラスチック部品の位置を調整するだけで決める事ができ、慣れれば片手でもできるのが魅力です。

しかもそのプラスチック部品は横に通してあるゴム紐に引っ掛けられる様になっていますので、走るのに合わせてプラスチック部品が跳ねたりもしませんし、もちろんゴム紐が引っぱられて緩むという事もありません。

画像

またビジネスシューズでも使えるのが魅力的で、毎朝、急いでいるのに紐を結ばなければならなかったり、歩いている途中で紐が解けて結び直さなければならなかった作業が全くなくなりますし、デスクワークをしている時もちょっと部品の位置をずらしてゴム紐を緩めてやる事でリラックスして仕事をする事ができます。

ゴム紐は手芸屋さん等で買えるゴム紐で代用できますので、もし切れても安心ですしプラスチック部品さえ壊れなければ靴を替えても使い回しする事ができます。

詳細は商品ページをご確認ください。

5いいね!