初めての方でも簡単に楽しめる!?ハイファイデジタル/アナログコンバーター「ZuperDAC-S」

3いいね!

みなさんはハイレゾ(Hi-Res)規格で録音された楽曲を聴く事はとても難しいものだと思っていませんか?

音楽配信サービス、ストリーミングサービスが普及し、スマートフォンをメインに音楽を楽しむ人が増えてきましたが、スマホ内部のDACサブシステムには限界があり、スマホだけではアーティストの表現、楽曲の本質を楽しめないことがあります。

そこで今回は、専用機やポータブルシステムを使わずに手軽に音楽を楽しめる ハイファイデジタル/アナログコンバーター「ZuperDAC-S」をご紹介致します。

「ZuperDAC-S」は、ポータブルで高音質のDAC。音楽好きのために設計され、高品質サウンドを楽しめます。

デジタルからアナログへの変換は、バイナリの0と1のデータを実際の音波に変えるプロセスで、変換がうまくいかない場合は最高のヘッドフォンやスピーカーを使用しても効果はありません。

「ZuperDAC-S」は、この内部変換をバイパスし、驚きのサウンドを提供します。

画像

小型で重さは10gで、充電の心配なしでいつでも使えます。お使いのスマホとイヤホン・ヘッドホンの間にZuperDAC-Sを追加しても邪魔になりません。

画像

煩わしい設定は不要で、プラグアンドプレイで簡単に利用できます。

※Apple iOS製品との接続には別途純正のカメラアダプタが必要になります。

画像

使ってみました

画像

箱の中には本体の他にUSB-A、Micro-USB、およびUSB-Cインターフェイス用の3本のケーブルが付属しています。

  • microUSB to microUSB Androidスマートフォンやタブレットとの接続
  • microUSB to USB-C USB-Cコネクタを採用したAndroid端末及びWindows-PC、Mac製品、iPadなど
  • microUSB to USB-A Windows-PC、Mac製品、Lightningコネクタを備えたiPhone, iPadなど

画像

今回はiPhoneで試しましたので、別途Lightning - USBカメラアダプタ(別売り)を用意します。

iPhoneは付属のミュージックアプリではハイレゾ音源を聴く事は出来ず、iTunesからハイレゾ対応の音源を購入する事はできません。

そこで今回はiPhoneで使える“mora player”をインストールして試してみました。

えっマジで!?

画像

特に設定等の必要はなく、Lightningコネクタに差し込むだけで準備完了!!

イヤホンジャック(iPhone6sを使用)から出力される音と、「ZuperDAC-S」から出力される音を聞き比べてみたのですが、何度聴き直しても本当に同じ楽曲音源を再生しているのか!?と疑いたくなるくらい(あくまで個人の感想です)

日本最大級のイヤホン・ヘッドホン専門店e☆イヤホンのセールス部リーダーの中村さんも「音の立体感が増し、音の滲みが減り、より明瞭に音の輪郭が見えるようになります。」と違いを認めた「ZuperDAC-S」

持ち運びがとても楽なので、出来るだけ邪魔にならず、PCやスマホ等の音質を上げたい方は是非チェックしてみて下さい。おススメです!

セールのお知らせ
21日18時~25日19時まで会員様限定送料無料セールをおこないます。是非この機会にお買い求め下さいませ。
3いいね!