満員電車でも困らない!?大都市の通勤・通学に最適な超薄型バックパック「TIMENOTEN 」

3いいね!

街中でバックパックを背負った人を多く見かけるようになり、空前のブームと言われてから久しく、ビジネスからプライベートまでバックパックは完全に市民権を得た感があります。

とは言え大きなバックパックを背負っていると、特に大都会では通勤・帰宅時の満員電車に乗るときに他の人への「迷惑行為」になってしまうという問題があります。

今回ご紹介の「TIMENOTEN」は、僅か90mmの厚みでありながらビジネスシーン、学生様のニーズにも対応するスマートなバックパック。

もう朝のラッシュを憂鬱に感じることはありません。

高さは45 cmで幅は29 cm。厚さは9 cmと非常に薄く、本体はハードEVA製で、スマホやモバイルバッテリー、PCなど中のアイテムをしっかり保護。

画像

使ってみました

本体の外側にはポケットがなくスッキリとしたデザイン。固そうなイメージですが、指で押すとポコっと凹みそうなほど柔軟性があります。

画像

ジッパーを開けるとフルオープン。中には取り出し可能なストレージボード、ポーチが入っています。

画像

サイドをボタンで止めれば、フタが全開して中のアイテムがこぼれ落ちてしまう心配はありません。

画像

中はコンパートメントが分かれているので、アイテムをスッキリと収納可能。

画像

13インチMacBook Proも問題なく入り、中でゴチャゴチャになりません。

PC、スマホ、モバイルバッテリー、イヤホンや充電コード、マウスなど現代の生活に必要なアイテムは問題なく持ち運べそうです。

画像

日本では余り必要ないかも知れませんがTSAナンバーロックも付いているのでセキュリティーの心配もなさそう。

画像

実際に背負ったところ

モデル(175 cm 男性)

画像

  • 抱きかかえたところ

画像

大都市の通勤・通学にデザインされた薄型バックパック「TIMENOTEN 」

必要最小限のアイテムをスッキリと持ち運びたい方にオススメです。

是非この機会にご検討ください。

Follow Us On Our SNS

3いいね!