耳をふさがずに音を楽しむ、ながら聴きイヤホン「earsopen BT-5 CL1002」を使ってみました!!

2いいね!

イヤホンにはカナル型やインナーイヤー型、耳掛け型など、様々なタイプがありますが、基本的には耳の中に入れることで遮音性を高め、鼓膜に音を届けます。

遮音性が高ければ高いほど自宅やカフェ、電車の中など、周囲の音を遮断したい時には最適ですが、在宅ワークなど周囲の音を聞きたくても気づきにくいという問題があります。

今回ご紹介の「earsopen BT-5 CL1002」は、耳を塞がずに装着することができるイヤホン。

骨伝導で音楽を聴きながら周りの音を同時に聴くことができるのが特徴です!

ネック部分は約48gに軽量化しつつ、連続再生時間は10時間と、長時間使いにも対応。

画像

骨伝導

骨伝導による音の特徴を徹底的に研究。最新のイコライジング技術で豊かな音楽再生を楽しむことができます。

高音から低音まで音域が広がり、よりリアルで臨場感のある音を実現しました。

画像

使ってみました

パッケージにはネックバンド、イヤホン、充電ケーブル、イヤーピース、キャリーケース、説明書が同封されます。

画像

約1時間30分で充電完了。ネックバンドにイヤホンを差し込め準備完了です。

画像

電源ボタンを3秒長押ししてスマホなどとペアリング します。

画像

フックを耳たぶに挟んで使用します。

画像

軽く挟んでも首を振ったぐらいでは外れません。強く挟みすぎると、長時間使用すると痛みが出てくるので注意が必要です。

画像

音楽を流すとイヤホンで聴いているというよりは、BGMを聴いている感覚で、鼓膜を塞がないので周囲の音や、会話を聞き漏らすこともありません。

骨伝導は、音量が小さいと分かりにくいですが、音量を上げると耳に振動がブルブル伝わってきます。

「本格的に音楽を楽しみたい」場合は、一般的なイヤホンには敵いませんが、周囲の音を聴きながら音楽を楽しみたい、音楽を聴きながら会話がしたい方やイヤホンを耳に入れるが苦手な方に最適。

また、小雨などに耐える生活防水なので、ランニング・ジムなどスポーツ時にもオススメです。

画像

是非この機会にご検討ください。

セールのお知らせ
28日19時~30日19時まで会員様限定送料無料セールをおこないます。是非この機会にお買い求め下さいませ。

Follow Us On Our SNS

2いいね!