数週間履き続けても臭わない多機能メンズショートパンツ「Cobba」

12いいね!

この世の中には不思議なものがたくさんあるもので、汗をかいても匂わない肌着や下着、タオルやウェアーがあるのをご存知でしょうか?

皮膚から出る汗は本来は無臭なのですが、生乾きのタオルが臭うのと同じで、菌類の繁殖に必要な温度と湿度が整った、ジメジメとした環境下では様々な菌が繁殖し、それが皮膚表面でも行われる為に、汗で菌が繁殖し臭うと言うことになります。

湿ったタオルと同じで、衣類に汗が染み込み、更に皮脂が付着する事で菌が増殖する為の栄養素とジメジメとした環境が整うため、汗の染み込んだ衣類は臭うと言う事になります。

逆に言えば、衣類に皮脂が付着したり、汗が染み込まなかったり、汗が染み込んでもすぐに乾燥したり、菌が増殖する事を防ぐ様な工夫がなされていれば、汗をかいてもその衣類は匂わないと言う事になります。

それを可能にしたのが半永久的に臭わないスウェーデン生まれのPolygiene(ポリジン)と言う繊維です。ポリジンと言う名前は聞いたことはなくても防臭加工された衣類やタオル、ハンカチには殆どこのポリジンが使われていますので、実は既にみなさんも使っているかも知れません。

今回ご紹介するトレーニング用ショートパンツ「Cobba」にも同等の繊維が使われているのです。

画像

Cobbaがどうして汗をかいても臭わないのか?

Cobbaの繊維は汗や皮脂が染み込まない表面構造をしています。繊維1本1本の表面がツルツルとした鏡の様になっている為に、汗は染み込まずに繊維の上を滑って落ちて行きます。皮脂も毛羽立った繊維であれば引っかかりますが、表面がツルツルとしていれば滑って落ちて行くしかありませんから引っかかりません。

汗も止まらず皮脂も引っかからず、しかも繊維の表面には銀イオン(AG+)がコーティングされていますので菌が繁殖する環境にならず、数週間履き続けても、さらにたっぷりと汗を吸い取った様に見えても、100%臭わないとか。繊維表面の加工により、仮にコーヒーをこぼしてもパンツの上を滑り落ちる様に流れていくので染みることも汚れる事も濡れる事もないとか。

ただそうなると通気性が悪いのでは?と思われるかも知れませんが、防水スプレーの様なものが振り掛けられていて表面をコーティングしているわけではありません。繊維1本1本に特殊な加工がなされており、繊維と繊維の隙間はしっかりと存在しますから空気も通りますので決して通気性が悪いと言う事もなく蒸れてしまう事もありません。

画像

Cobbaの繊維は伸縮性にも富んでおり、360度どの方向にも伸び縮みする様に編み込まれています。ストレッチやウエイトトレーニングの際も、パンツそのものがズリ落ちたり伸ばしすぎて破けてしまう事もありませんから、どの様なスポーツにおいても気兼ねなく思いっきり身体を動かす事ができるのも特徴です。

Cobbaには3つのポケット(左右と後ろにポケットがあります)があるのですが、その中に更に3つの隠しポケットがり、右側にはスマートフォン(iPhone7 Plusを入れる事ができるくらいの大きさのあるポケット)専用のポケット、ICカードやクレジットカードやキャッシュカードを入れておく為のポケット、左側には鍵を入れておく為の専用のポケットがあり、それぞれ跳んだり跳ねたりしゃがんだりしてもポケットから飛び出したりズリ落ちる事がない様にしっかりと保持しつつ取り出し易い構造になっているのも特徴です。

画像

ポケットも当然のことながら同じ生地で作っていますから、汗でスマートフォンやカード、お札などを濡らさずにすみます。

本当に臭わないのか、気になる方は是非周りにポリジンを使った衣類を使っている人がいないか探して使用感を聞いてみて下さい。本当に臭いませんよ。

この商品はクラウドファンディング商品です
クラウドファンディング商品について詳しく知りたい場合はこちらをお読みください。募金の状況により、ご紹介している商品の価格、仕様、オプション、バリエーション等が変更になることがありますので予めご了承ください。

KURA BASEの記事本文を許諾を得た上で加筆修正して転載)

12いいね!