PC用Webカメラとしても利用可能なAndroid用360°撮影VRカメラ「Insta360 Air」

11いいね!

昨年はVR元年とも言われ、数多くのVR(バーチャルリアリティ)ヘッドマウントディスプレイが発売されましたし、スマートフォンをVRディスプレイに変身させるアダプタも数多く発売されました。

コンテンツも充実してVR映像やゲームに触れられた方も多いかと思いますが、コンテンツを自ら作ろうと思うとまだまだ価格的にもハードルは高く手軽にVR映像を撮影して家族や友人と共有すると言う環境にはありません。

実はそれも昔の話で、今回ご紹介する「Insta360 Air」は今までのVRカメラと比べて半値以下で購入でき、しかもAndroidスマートフォンのmicroUSBやUSB-C端子に直接差し込んで撮影が可能。Androidスマートフォンがモニターにもなり、ライブで映像を確認しつつ撮影が可能です。

画像

Insta360 Airは、VR映像を撮影できるだけではなく、210度の魚眼レンズを2枚使用し360度のVR映像を静止画では3K(3008×1504 )画質で記録でき、動画では2K(2560 x 1280)で録画できます。

基本は既発売のiPhone用VRカメラ”Insta360 Nano”と同じなので、撮影映像の画質を確認されたい方は”Insta360 Nano”をキーワードにして動画を検索してもらえば、たくさん”Insta360 Nano”で撮影した動画が出て来ますのでそちらでご参照ください。

撮影した画像はFacebook,Twitter,YouTube,Messenger,WhatsAppへワンクリックでアップロードできる他、YouTube等のVR映像のライブ配信に対応しているサービスではVRライブ映像のライブ配信にも対応しています。

使い方も非常に簡単でケースから取り出してAndoridスマートフォンのmicroUSB端子やUSB-C端子に差し込んで専用のアプリケーションを起動するだけですぐに撮影できますし、電源はスマートフォンから給電しますからバッテリーも不要ですのでスマートフォンのバッテリーが持っている間はずっと撮影し続ける事ができるのもこの「Insta360 Air」のメリットです。

画像

その他にInsta360 AirはPCに接続してVRウェブカメラとして利用可能です。ソフトウェア(アプリケーション)は既にリリースされているVRカメラ編集アプリやライブストリーミングアプリを利用できます。

画像

VRカメラは単に360度グルッと見渡せる映像が撮影できるだけではありません。普通のビデオカメラやスマートフォンでは画角が決まっており、画角から外れた場所の映像は残念ながら映像として残す事はできませんが、VRカメラで撮影すると言う事は360度全周の映像を記録する事ができる事になります。

運動会で自分の子供を追って撮影していたはずなのに、実際には自分達の子供ではなかったなどという事があった場合、VRカメラを使用する事でワイプ用のカメラがビデオカメラについていなくても撮影している自分の姿も同時に残す事ができますし、画角から外れてしまった子供もモニター映像には写ってはいなくてもVRカメラはしっかりとその姿を捉えていますから、決定的瞬間を逃す事がありません。

と言う様に、VRカメラは360度のパノラマ映像が撮影できるだけではなく、決定的瞬間を逃さない撮影時の周囲の状況まで克明に記録として残す事ができるカメラと言えます。

この商品はクラウドファンディング商品です
クラウドファンディング商品について詳しく知りたい場合はこちらをお読みください。募金の状況により、ご紹介している商品の価格、仕様、オプション、バリエーション等が変更になることがありますので予めご了承ください。

KURA BASEの記事本文を許諾を得た上で加筆修正して転載)

11いいね!