ワンタッチ選曲が可能な自走式ワイヤレスレコードプレイヤー「LOVE」

7いいね!

レコードがCDに置き換わって久しく最近はストリーミング全盛ですが、実は今でもレコードは生産されており、若者を中心にその人気が再熱しており、年々プレス枚数も増え、レコードプレイヤーの新製品も増えて来ました。

今回ご紹介する「LOVE」も新たに出て来たレコードプレイヤーです。なんと、LOVEはレコード盤が回るのではなく、プレイヤーであるLOVEがレコードの上をグルグルと回って音楽を再生するのです。

画像

LOVEは本体とベースユニットと呼ばれるEPとLPレコードサイズの土台をセットにして使用します。ベースユニットの上にレコードを置き、その上からLOVEをベースユニットの中心の穴に差し込むだけでセット完了。

LOVEの再生ボタンを押せば自動的にベースユニットの棒を軸に、反時計回りに回転しながらレコードの上に針を落とします。CD音質並のサンプルレート16bit/44kHzでレコードに記録されたサウンドを拾いますが、重要なのができるだけ平らな面にベースユニットを置く事です。

LOVEそのものはベースユニットの棒つまり軸でのみ支えられているだけで他にはLOVEを支えているものは何もありません。ベースユニットが傾いているとLOVEの重みで傾いてしまい、角度によっては針が浮いて音が拾えなくなるかもしれませんのでそこだけは要注意。それ以外何も気にする必要はありません。

画像

実際の操作ですが、LOVEを置くとそれを検知してレコードの大きさを自動的に検出し、7インチ(17cm)シングルであれば回転スピードを45r.p.mに自動的にセットし、12インチ(30cm) or 10インチ(25cm)であれば33 1/3r.p.mに回転スピードをセットし(SP盤のレコードは手動で78r.p.mにセットする必要があります)てくれます

最初にレコード盤の大きさを検出する際、針のついたヘッドを移動させる際に曲間のブランク(はっきりとした黒い溝)を検出し記憶します。これによりLOVEはCDのような頭出しもできます。3曲目から演奏したければLOVEのボタンを3回押せば3曲目から再生してくれます。

画像

LOVEにはスマートフォンやメディアプレイヤーと言った最新のデジタルガジェットを所持していなくても、愛蔵のレコードを再び楽しめる様に、Bluetoothの高音質コーディックであるaptXに対応したレシーバーが付属しています。

手持ちのヘッドフォンやイヤホンで、昔懐かしいレコードサウンドを堪能する事ができますし、3.5mmイヤホンコネクタからRCAへの変換ケーブルがあればステレオなどでも活用できます。

画像

LOVEはBluetoothの他にWi-Fiも搭載しておりDLNA機器として動作しますので、自宅にメディアプレイヤーがあればそのメディアプレイヤー経由でLOVEを鳴らす事ができます。

この商品はクラウドファンディング商品です
クラウドファンディング商品について詳しく知りたい場合はこちらをお読みください。募金の状況により、ご紹介している商品の価格、仕様、オプション、バリエーション等が変更になることがありますので予めご了承ください。

KURA BASEの記事本文を許諾を得た上で加筆修正して転載)

7いいね!