温度を調整であなたの睡眠品質を改善するスマートピロー「MOONA」

5いいね!

近頃朝晩の気温がグッと下がり眠り易くなりましたが、熱帯夜にクーラーも使わないで寝ていると何故寝苦しい、寝られないのか原因ってご存知でしょうか。

睡眠と体温は密接に関係しており、特に頭の中の脳の温度がキーワードになります。入眠する時には必ず脳の中で”メラトニン”と言う睡眠誘導物質が分泌されて眠気を覚えるのですが、メラトニンは体温が下がり始めると分泌される物質で、つまり脳の温度が高ければ分泌されず睡眠障害に繋がるのです。

良質の睡眠を取るのに必要なのは、脳の温度を下げてメラトニンの分泌を活性化させる事が重要です。その原理に目をつけ、頭をダイレクトに冷やす事で意図的に眠りやすい環境を作り出す事に成功したのがこのウォーター枕「Moona」です。

画像

Moonaは冷却装置を持っているウォーター枕で、装置と枕そのものはパイプで接続され水二つの間を循環します。水温は1℃単位で正確に管理され、眠っている状態を監視しつつ水温を調整する事で良質の睡眠を提供してくれる枕なのです。

睡眠中の人間の体温は入眠後数時間は下がり続け、その後逆に上がり起床するのですが、Moonaは水温を22℃〜36℃の間でコントロールする事し、入眠時は頭を冷やしメラトニンの分泌を促進させ、起床前には頭を温める事で分泌を抑制してスッキリと目覚める様コントールします。

画像

Moonaはただ単に水温を起床時間に合わせて調整するだけではありません。本体のコントローラーには気温、湿度、照度(明かり)センサーが、枕の方には加速度センサーが内蔵されています。

睡眠中の周囲の環境とオーナーの動きを記録し、頻繁に寝返りを打つ様であれば寝る事ができてないと判断して枕を冷却して良い睡眠を取れる様に誘導しますし、同時に環境の変化に合わせて即時枕の温度を調整し睡眠中に起きない様に調整する機能を持っています。

画像

ユーザーは寝る前にスイッチを入れてスマートフォンから起床時間をセットするだけで、後はスッキリ目覚めるだけです。Moonaを使う事で自然と目が覚める様になりますから目覚し時計のアラームでいきなり起こされて、不機嫌になる事や体がだるくて起きられないと言う事もなくなります。

画像

本体は今使っている枕の枕カバーの中に差し込んで使う様になっていますので、枕が変わると寝られないと言う方でも安心してお使い頂けますよ。

5いいね!