実況動画制作からライブ配信まで対応するビデオコントロールボックス「YoloBox」

6いいね!

最近はスマートフォンがあればYoutube動画の撮影から編集、アップロードまでできてしまいますが、こと実況中継となるとスマートフォン1台では難しいのが実状です。

例えば、スマートフォンやタブレットにインストールしたゲーム実況を行うとなると画面を録画し、しかもワイプで自分の姿を映像に割り込ませるのが実況動画のスタンダードになっており、これは一台では不可能です。

このような制作にはパソコン本体と編集用のソフトが必要になって来ますので、誰でもユーチューバーになれる、とはいきません。

制作のハードルをグッと下げ、アクションカメラか一眼レフ、ビデオカメラのどれか1台あればすぐに実況中継動画が撮影でき、しかもライブ配信まで簡単にできてしまう「YoloBox」を今回は紹介致します。

画像

本製品は5インチのモニターを搭載した”ミキサー”の様なもので、HDMI端子入力(YoloBox Plusは2系統)、USB、USB-C、に3.5mmイヤホンジャック(入出力)を備えており撮影した映像は内蔵のSDカードスロットに差し込んだSDカードに記録する事ができる他、WiFi/有線LAN/4G通信ユニットも搭載し屋外からでも1080p画質でYouTubeやFaceBook LivePC等をダイレクトにライブ配信や動画アップロードする事ができます。

画像

自宅であればインターネットに接続できる環境があり、動画を撮影できるスマートフォン以外の機材があればすぐに誰でもライブ配信や動画配信する事ができるのです。

画像

使い方は本当に簡単で、本体に撮影用機材をケーブルで接続するだけ。既にWiFiで自宅のネットワークに繋げてあり、YouTubeのアカウント設定まで終わっているのなら、子どもでも配信ボタンを押すだけで簡単に世界中にライブ配信を開始する事ができるのです。

また「YoloBox Plus」はHDMI端子が2系統ありますので1系統をスマートフォンに接続し、もう1系統にビデオカメラやUSB接続のwebカメラを接続してワイプで自撮り映像を割り込ませれば立派なゲーム実況プレイ動画を撮影する事できるのです。

注意点としては、テロップや効果音を入れる機能は本体にはありませんので、その場合はSDカードに映像を記録し、記録した映像をスマートフォンに取り込んで再度編集する作業が必要になって来ます。

高価な動画編集が可能なパソコンを購入する事を思えば、手軽に動画配信を始める事ができる本製品は手軽で良いのではないでしょうか?  詳細につきましては下記商品ページをご覧下さい。

6いいね!