クイックアクセステクノロジー搭載バックパック「SPEED BACKPACK」

4いいね!

バックパックを肩から下ろさず、中の荷物を取り出す動作を追及したバックパック「SPEED BACKPACK」をご紹介します。

画像

SPEED BACKPACKの特徴として一番取り上げなければならないのは肩紐です。通常バッグ本体に縫い付けてある肩紐なのですが、本製品は肩紐の下の部分がバックパックの中で左右で繋がっています。

通常バックパックの中から荷物を出す様な場合には、本体を両肩から外して前へ持って来て荷物を出さないといけないですが、本製品は片方の肩紐だけを外すだけです。

また、左右の紐が繋がる事で実は身体に対しての負担も少なくなります。人間は歩いたり走ったりしていると、バックパックが左右に揺れたり前後に揺れ、中に入っている荷物が多いと肩に食い込んで痛かったりします。

本製品は揺れを肩紐が伸縮する事で吸収され、本体は背中の一点で制止した状態になりますので、重い荷物をバックパックの中に入れても背中や腰にゴンゴンと当たる事がないのです。

画像

次はバックパックを下ろさなくても荷物を取り出し易くしたクイックアクセスです。 バックパックのサイド部分のスリットにスマートフォンが入れられたり、肩紐にポケットがあって切符やカードを入れておけたりといった最近の多機能なバックパックにある機能はもちろんのこと、本製品にはバックパックの底に折りたたみ式のマグネット脱着のポケットが備わっているのです。

このポケットは肩紐を外さなくても中に入れた荷物を取り出し易い様にしてあり、意外性も含めて安全で取り出し易い機能といえます。誰も底部にポケットがあるなんて思いもよらないでしょう。

他にも肩紐を片方かけた状態で中の荷物を取り出し易いよう、トップの部分以外に両サイドにもジッパーがついておりかなり便利です。

画像

ひったくり防止に対してはもう1つ強力な対抗装備として、ガードカバーとでも言うべきバックパックを覆うもう1枚のシールドが装備されております。本体外側を覆う様にカバーがついていますので、ジッパーは見えていてもジッパーは下げられず、しかも防刃対応ですので非常に強固です。カバーはマグネットでひっついているだけなので、取り出しやすさにおいては全く影響しません。

画像

注意点としては、本体の数箇所にマグネットを使っている点でしょう。磁気ストライプのついたカードを長時間近づけておくともしかするとカードの磁気情報が影響を受けるかもしれませんので注意が必要です。

その他詳細は下記商品ページにてご確認下さい。

4いいね!