最大32bit/384kHzのハイレゾ音源再生に対応したBluetoothレシーバー「AQUA+」

7いいね!

最近ではイヤホン端子のないスマホも発売されるなど、広がり始めているワイヤレスイヤホン。

様々なタイプのワイヤレスイヤホンが出ていますが。お気に入りのイヤホン・ヘッドホンでもワイヤレスで音楽を楽しみたい、と思ったことはありませんか?

以前製品ニュースを公開しましたが、今回メーカー様よりお借りすることが出来ましたので、実際に使ってみました。

今回ご紹介する「AQUA+」は、あなたのイヤホン・ヘッドホンをワイヤレスに変える、ハイレゾ級ワイヤレスヘッドホンアンプです。

aptXやaptX LL、AACの各種コーデックにも対応。

さらに最新技術を用い、どんな音楽も384kHz/32bitのハイレゾ級にアップコンバートすることができます。

お気に入りの音楽のメロディーを、ビートを、お気に入りのイヤホン・ヘッドホンに余すところなく伝えます。

iPhoneをお使いの場合、音の良い”aptX”規格やハイレゾ音源対応のBluetoothイヤホンをせっかく購入してもiPhoneはこれらの規格にはそのままでは対応しません。

「AQUA+」があればオーディオコーディックやプロファイルを気にしなくても大丈夫です。

使ってみました

画像

本体は、45 x 45 x 12 mm、重さはわずか25 gと非常に軽量、コンパクト。

箱の中には、本体、充電パッド、ケーブル、ポーチが付属しています。充電はとても簡単。

ワイヤレス充電に対応しているので、本体を置くだけ。

画像

約2時間のフル充電で、連続再生時間は16bitsで8時間、32bitsで5.5時間と、通勤や通学で使う分にはほぼバッテリー切れの心配もありません。

32bitボタンを、LEDが赤と青に点滅するまで長押しするだけで簡単ペアリング。

画像

お使いのイヤホン・ヘッドホンをジャックにさせば準備完了です。

画像

AQUA +で音楽再生中の操作は、ボリュームコントロールキーで次の機能を実行できます。満員電車の中で、スマホを取り出す必要はありません。

再生/一時停止(ショート・プレス) 次の曲(ダブル・ショート) 前 ソング(トリプルショート)

Youtubeを見たり、Apple TVやその他のOTTボックスに接続してゲームをプレイしたり、映画を見たりしましたが、音の遅れの問題は確認できませんでした。

Ultra Hi-Res DACを採用しているため、どんな音楽も384kHz/32bitのハイレゾ級にアップコンバートするそうで、実際に聞いてみましたが、より迫力のあるサウンドでした。

WindowsやiOS&mac、androidに対応しているのでヘッドホン、イヤホンが壊れても買い換えれば本体は使い続けられますし、また気分や用途に拠って複数のヘッドホンやイヤホンを使い分ける、なんて事も可能ですね。

画像

お好きなヘッドホン、イヤホンを接続して、ワイヤレスで音楽を楽しんでみませんか?

ぜひこの機会にお求めください。

セールのお知らせ
12月7日17時からAQUA+の国内先行予約を開始致します。尚、予約受付は定数に達し次第予告無く終了致しますので、予めご了承ください。
7いいね!